Clean Ammonia Asia skyline image - Tokyo, Japan
Conferences

アーガス・クリーンアンモニア・アジア会議

東京(日本)
2024 年 5 月 7 ~ 9 日
料金の表示
20参加日
連絡先連絡先

アジェンダ

アーガス・クリーンアンモニア・アジア会議では英語への同時翻訳が提供されます。 英語のウェブサイト・ページに移動する。

The Argus Clean Ammonia Asia Conference will be simultaneously translated into EnglishVisit the English website.

アジアにおける主要な地域動向やクリーンアンモニアの世界市場への展開に取り組んでいる、世界的な専門家による講演にご参加ください。

下記にご連絡いただき、会議の講演に関する興味・関心をご登録ください: 

Matilda Wall
+44 20 4570 3543
matilda.wall@argusmedia.com

ウェルカムレセプション(ドリンク付き

13:30 - 16:00

Pre-study tour of ammonia utilizations at the i-muse IHI History Museum - sponsored by IHI Corporation

Limited availability for the site visit at i-muse IHI History Museum.

This year, attendees of the Argus Clean Ammonia Asia Conference will have the opportunity to take a tour of the i-muse IHI History Museum on Tuesday, 7 May with our host sponsor IHI Corporation.

Join us for a guided tour to discover the present and future ammonia society. IHI Corporation and partners (GE Vernova, JERA and NYK) have jointly prepared exclusive insights into how they are working on building an ammonia society in the energy transition. There are limited spaces available, and they will be issued on a first come first served basis.

Whether you are new to the field of ammonia or interested in exploring the potential of its utilization, this guided tour and site visit will serve as an excellent introductory activity. IHI and partners (GE Vernova, JERA and NYK) will present their works as a pre-study for attendees at their in-house museum prior to the conference. We look forward to your participation.

16:00

受付開始

主催 - ヤラ・クリーン・アンモニア

16:30 - 18:00

ウェルカムレセプション(ドリンク付き)

08:00

受付開始

主催 - ヤラ・クリーン・アンモニア

09:00 - 09:05

アーガスの挨拶

登壇する講演者はこちら:

Tim Cheyne

Tim Cheyne

SVP - Global Head of Agriculture, Fertilizers, Ammonia, DEF
Argus
Andrea Valentini

Andrea Valentini

VP - Business Development Ammonia
Argus
09:05 - 09:20

アーガスの挨拶

登壇する講演者はこちら:

Dr Nobuhiko Kubota

Managing Executive Officer
IHI Corporation
09:20 - 09:45

大臣の挨拶:クリーンアンモニアと日本の産業の脱炭素化における役割は?また、日本がどのようにクリーンアンモニア市場の発展を可能にしているのか?

- エネルギー転換における日本のリーダーシップ:アジアでネット・ゼロを達成するために、クリーンアンモニアがなぜそれほど重要なのか?
- 日本のネットゼロへの移行において、政府はクリーンアンモニアと水素がどのような役割を果たすと想定しているのか?
- 政策枠組み:クリーン燃料としてのクリーンアンモニアの輸入に対する日本の奨励金および補助金制度に関する主な最新情報

09:45 - 10:10

大臣の演説:韓国におけるクリーンアンモニアの輸入規制はどのように進んでいるのか?

- 韓国の脱炭素化への取り組みにおいて、クリーンアンモニアはどのような役割を果たすのか?
- 韓国のアンモニア奨励計画に関する主な最新情報
- 最初の入札の状況 主な学習事項

ケーススタディシリーズ:アジアに特化

09:50 - 10:05

Introduction: Clean ammonia’s role in Japan

10:05 - 10:20

ケーススタディ:火力発電のパイロットプロジェクト

- 碧南火力発電所におけるアンモニア混焼試験の現状は?
- これまでに得られた主な学習事項
- 今後の展望

登壇する講演者はこちら:

Masato Otaki

Masato Otaki

Executive Officer, Head of the Low Carbon Fuel Planning Group, Low Carbon Fuel Value Chain Division
JERA

ケーススタディ:アンモニアバンカリングの準備を加速、日本郵船

- アンモニア燃料船の開発の進捗、 主な事業機会
- さらに必要なものや予想されるスケジュール

登壇する講演者はこちら:

Tsutomu Yokoyama

Tsutomu Yokoyama

Executive Officer
NYK Line
10:20 - 10:35

ケーススタディ:アンモニアバンカリングの準備を加速

- アンモニア燃料船の開発の進捗は? 主な事業機会
- TBグローバルテクノロジーズ株式会社によるアンモニアのバンカリングブームの発展は、安全性を確保しながら船舶の脱炭素化にどのように貢献するのか?
- さらに求められることや予想されるスケジュールは?

10:35 - 10:50

ケーススタディ: 韓国の削減が困難な部門の脱炭素化に向けた供給の開始

- LFCは、2027年からクリーンアンモニアと水素を同時燃焼させるという産業通商資源部(MOTIE)の政策枠組みの目標をどのように達成しようとしているのか?
- LFCが、エネルギーやその他の産業用途向けのアンモニア輸入において重要な役割を果たせる立場に理由は?
- LFCは、発電所、海洋部門、水素キャリアとしてのアンモニアなど、さまざまなエンドユーザーにどのように注目していくのか?

登壇する講演者はこちら:

John Kwon

General Manager
Lotte Fine Chemical
10:50 - 11:30

休憩

11:30 - 12:15

基調講演パネル:アジアでの脱炭素化の実現 – クリーンアンモニアの役割

- 選択肢としてのアンモニアは、アジアで検討されている代替水素キャリア(MCH、LOHC、液体水素)とどのように違うのか?
- クリーンアンモニアの取引市場を創設するために、主要な需要地域と供給地域はどのように連携しているのか?
- 低炭素アンモニアの割増料金を誰が支払うのかについて、さらに明確になったのか?

登壇する講演者はこちら:

Shigeru Muraki

Shigeru (Sam) Muraki

President
Clean Fuel Ammonia Association
Lynn Loo

Lynn Loo

Chief Executive Officer
Global Centre for Maritime Decarbonisation (GCMD)

Irtiza H Sayyed

President of Asia Pacific, Low Carbon Solutions
ExxonMobil Low Carbon Solutions

Nizhar Marizi

Director of Energy Resources, Mineral, and Mining
Ministry of National Development Planning (Bappenas), Republic of Indonesia
Andrea Valentini

Andrea Valentini

VP - Business Development Ammonia
Argus
12:15 - 12:45

生産奨励策が需要側の政策枠組みに適合する仕組み:クリーンアンモニアのオフテイクに関する契約構造への影響は?

オフテイク契約はどのように規制や認証に適合するのか?

- アーガスの紹介 – 価格設定メカニズム:ブルーアンモニアとグリーンアンモニアの価格設定はどのように進んでいるか? 規制の枠組みはこれをどのように形成しているのか?
- 契約構造への影響は?
- 需要とインセンティブ制度が均一化される時期は来るのか?

登壇する講演者はこちら:

Siddhartha Shrivastava

Siddhartha Shrivastava

Head of New Energies Asia
SMBC

Jakob Krummenacher

VP of Clean Energy
LSB Industries

Kenji Konno

Country Head - Japan
ACME

Damian Beauchamp

President and CDO
8 Rivers
Andrea Valentini

Andrea Valentini

VP - Business Development Ammonia
Argus
12:45 - 13:15

交流

13:15 - 14:30

昼食

アーガスの見解:世界におけるクリーンアンモニアの生産と供給

Speakers Include:

Default speaker image

Alistair Wallace

Principal - Consulting
Argus
14:30 - 15:30

生産者の見解:転換点への到達–最初のプロジェクトではいつ生産を開始するのか?

- バンカビリィ:クリーンアンモニア輸出プロジェクトに融資するための銀行の要件
- 需要予測:アジアや世界の諸外国には、プロジェクトを実現するのに十分な堅実な需要があるのか?
- 政府やオフテイカーから何が求められるのか? オフテイクを実現するために必要なインフラストラクチャとストレージはすでに整備されているのか?

登壇する講演者はこちら:

Karan Bagga

Karan Bagga

Chief Technology Officer
thyssenkrupp Uhde Australia
Vibeke Rasmussen

Vibeke Rasmussen

SVP Product Management and Certification
Yara Clean Ammonia

Jong Chen Foo

Global Head of Ammonia
OCI Global

Hayley Pham

Vice-President, Asia-Pacific Business Development
ExxonMobil Low Carbon Solutions
Default speaker image

Alistair Wallace

Principal - Consulting
Argus
15:30 - 16:15

ASEAN:産業の脱炭素化におけるクリーンアンモニアの役割はどのように形成されているのか?

- 地域における脱炭素化に向けた重要な取り組みは?
- 東南アジアでは、削減が難しい分野の脱炭素化のためにアンモニアをどのように検討されているのか? 潜在的な用途は?
- 製油所は脱炭素化戦略の一環としてアンモニアにどのように注目しているのか? 既存の化石ベースのエネルギー市場に関する広範な知識をどのように活用しているのか?

登壇する講演者はこちら:

Default speaker image

Asyraf B Supri

Head of Sales and Marketing
Gentari

APACトレーディングパネル:オーストラリアはエネルギー転換のパートナーとして、どのように位置づけられているか?

- オーストラリアは、アンモニアなどのクリーン燃料の供給者として、アジア諸国の貿易相手国に対し自国をどのように位置づけているのか?
- どのようなプロジェクトが開発されており、さらに何が必要か? 政府はどのような役割を果たしているか?
- 輸送回廊の発展において主要港はどのような役割を果たしているか?

16:15 - 16:20

議長の閉会の挨拶

16:30 - 18:00

ドリンクレセプション

08:00 - 09:00

受付開始および朝食

09:00 - 09:05

議長の開会の挨拶

登壇する講演者はこちら:

Tim Cheyne

Tim Cheyne

SVP - Global Head of Agriculture, Fertilizers, Ammonia, DEF
Argus
09:05 - 09:30

How is the financial sector looking at the role of clean hydrogen and ammonia in the energy transition?

登壇する講演者はこちら:

Kohei Toyoda

Director General for Energy Transformation Strategy
Japan Bank for International Cooperation, JBIC
09:30 - 10:20

輸入インフラ開発:アジアではクリーンアンモニアを大量に受け入れる準備ができているのか?

- 北アジアの主要な水素とアンモニアの拠点はどうなるのか? 目的の対象市場にどの程度アプローチできているのか?
- 現在どのようなインフラと貯蔵施設が存在しており、より大きな輸入量に対応するには、どのようにスケールアップするか増築する必要があるのか?
- ユースケース(燃料の輸送と燃料のバンカリングの比較)に応じて、アジアではさまざまなバンカリングハブが今後登場するのか?

登壇する講演者はこちら:

Lisa Assman

Lisa Maria Assman

Senior Shipbroker
Steem1960 Shipbrokers
Default speaker image

Murali Srinivasan

SVP Commercial
Yara Clean Ammonia
10:20 - 10:40

ケーススタディ:シンガポールでアンモニアを輸送燃料として供給する準備

- 燃料補給用のアンモニアに対するシンガポールのアプローチにおける主な進展は? 現在行われている主な取り組みは?
- シンガポールでアンモニア補給はいつ行われる予定か? そのために必要なことは?
- シンガポールにおけるアンモニア燃料補給のサプライチェーンのニーズを構築し、必要な安全要件を確保する上で、緑の回廊はどのように役割を果たすことができるのか?

10:40 - 11:20

アジアにおける海洋燃料としてのアンモニアの採用に向けて、どのような進歩が見られるか?

- IMO規制は今後も存続するのか?また、それらはアジア太平洋地域の市場にどのように反映されるのか? 海洋燃料のアジア向けのガイドライン市場として、欧州はどのように利用されているのか?
- アンモニアなどの低炭素燃料の導入を推進するために、シンガポール以外のアジアではどのような活動が行われているのか?
- 配送におけるバリューチェーン全体のパートナーシップが重要な理由は?

登壇する講演者はこちら:

Ahmed Harby

Ahmed Harby

Director Operations and Logistics
Fertiglobe
Dr Sharin Osman

Dr Shahrin Osman

Regional Head & Global Business Development, DNV & Director
Maritime Decarbonisation and Smart Shipping Centre of Excellence (Singapore/Asia-Pac)
Navid Ostadian-Binai

Navid Ostadian-Binai

Head of Green Vessels and Fuels
Maersk Tankers
11:20 - 11:50

休憩

11:45 - 11:50

Chairperson's opening remarks

Speakers Include:

Ruth Sharpe

Ruth Sharpe

Editor - Ammonia
Argus
11:50 - 12:10

Case study: Engine manufacturer developments

- Engine developments: Developments on four stroke, two stroke for maritime and four stroke for power generation
- What are the different requirements for the two industries?
- How are engine manufacturers working in partnership across industries to accelerate development of combustion engines for ammonia to reach net zero goals?

Speakers include:

Lars T. Danielsen

Lars T. Danielsen

Promotion Manager
MAN Energy Solutions
12:30 - 13:10

アンモニア分解:日本、韓国、東南アジアの市場はどれくらい大きくなるのか?

- どのようなテクノロジーが利用可能か? テクノロジーの準備レベルはどれくらいか?
- アンモニアはアジアで水素経済を完全に解放する鍵となるのか?
- 分解施設はアジア各地の主要ハブの輸入ターミナルに統合されるのか?

登壇する講演者はこちら:

Christian Renk

Christian Renk

Head of Technology, Innovation & Sustainability (TIS)
thyssenkrupp Uhde
13:10 - 13:30

今後の展望 閉会の挨拶

登壇する講演者はこちら:

Bunro Shiozawa

Bunro Shiozawa

Advisory Member, Clean Fuel Ammonia Association and Senior Researcher
International Environment and Economy Institute, Japan
Default speaker image

Koji Nakamura

Chief Executive Officer
Tsubame BHB
13:00 - 14:00

昼食

14:00

会議終了